2020年11月18日

クラナド登場キャラ

岡崎 朋也(おかざき ともや)
声:なし(PS2版本編) / 伊藤健太郎(PS2版特典DVD) / 遠近孝一(ラジオCM)/ 野島健児(ドラマCD・劇場版) / 中村悠一(TVアニメ)
少年時代:水沢史絵(ドラマCD) / 大浦冬華(TVアニメ)
誕生日:10月30日。身長:173cm。体重:61kg。血液型:A型[6]。
主人公(名前はデフォルトのもので、変更が可能)で3年生。
幼い頃に母・敦子を交通事故で亡くしてから父・直幸と2人暮らしだった。中学の頃から他人との関わりをあまり持たずに過ごしてきておりストーリー開始当初で友人関係にあるのは杏と春原ぐらいだが、二人とも悪友といえる。
運動神経はよく、高校にはバスケットボールの特待生として入学したが、父親との喧嘩で右肩を負傷して選手生命を絶たれたため今は部活動はしていない。飲酒・喫煙と言ったあからさまな不良行為は行っていないが、遅刻・授業怠業の常習犯であることから進学校である学園では不良と見なされている。
困っている人や問題を抱えている人には積極的に関わって問題解決に協力するが、自分の問題や現実からは常に逃げ続けている。
自堕落で影のある部分が目立つが、根は真面目で陽気な性格。作中の登場人物の中では常識人な方で普段は春原や杏のつっこみ役に回る事が多い。飲み物は紙パックのものを好む。
現在は他人行儀で生気を失っている父を敬遠し、放課後は春原の部屋に入り浸っている。クラスはD組。
古河 渚(ふるかわ なぎさ)
声:中原麻衣
テーマ曲:渚
誕生日:12月24日。身長:155cm。体重:43kg。血液型:A型。3サイズ:80/55/81(PC版のブックレット及び[1]、[2]より)。
本作のメインヒロイン。
幼少時より病弱で、前年度も病気による長期欠席のため高校3年を留年している。なので3年生は2度目で主人公およびクラスメイト達より1歳年長であるが、主人公をはじめ3年生達が先輩として彼女に接する描写はない。人見知りが激しく友人を作ることを苦手としており、また前年度に同級生だった友人達が既に卒業したため現在のクラスでは孤立しがちになっている。
外見の大きな特徴として2本のアホ毛を持つ。可愛らしい容貌のため、ときおりナンパの対象とされる。
話す時は常に敬語口調で真面目かつ誰にでも優しい性格だが、気弱で自信を持てずにいる。人が良すぎるうえに他人を気遣い、一方で要領が悪いため自分が損をしてしまうことが多い。
「食べたいものの名前(例:あんパン)」を呼称することで自身を鼓舞する癖がある。
作品中で一昔前に流行していた「だんご大家族」というキャラクターには並々ならぬこだわりを見せ、普段は自己主張の乏しい彼女もこれについて語る際は饒舌になる。また、その魅力を喧伝するに及んではヒトデの魅力を喧伝する風子と対等に張り合うなど他者との対立を忌避する普段の態度から一転する。
演技、鑑賞の経験は全くないが演劇に興味をもっており、廃部状態にある演劇部の再興を当面の目標としている。スポーツは苦手。クラスはB組。
藤林 杏(ふじばやし きょう)
声:広橋涼
テーマ曲:それは風のように
誕生日:9月9日。身長:160cm。体重:46kg。血液型:O型。3サイズ:82/56/82。
2年の時は主人公と同じクラスで、本年度は隣の組の委員長。椋の双子の姉。2年進級時に他の友人が勉強に打ち込むようになったのに対し勉強に熱を入れられない彼女はそりが合わなくなり、やがて主人公達と親しくなった。
勝ち気で男勝りな性格で加えてスポーツ万能なため女子生徒に人気があり、大量のラブレターを受け取っては全てに返事を書いている(なお男子生徒からは1枚も受け取っていない)。料理が得意な一面も持つが、字は下手である。
不良少年である主人公や春原にも物怖じせずに接し、歯に衣着せぬ恐ろしい物言いをする。怒らせると遠距離から正確無比に辞典を投げつけられる。妹思いであり椋に危害を加えるものには容赦をしない。基本的に下の名前で人を呼ぶ。かなりのおせっかい焼き。ウソを付くのは苦手。
椋と同様に委員長だが、不真面目体質で遅刻が多く授業や委員会をサボってしまうことも多々あるうえに禁止されているバイク登校をするなど校則違反や遅刻をあまり重く見ていないところがある。また、主人公と春原に対して横暴な態度をとったり金銭に関してモラルを問われるような行動を取る。
ことみには友好的に接するが、智代にはやや敵対心を見せる。
ウリボウであるボタン(声優:川名真知子)をペットにしている。進路に幼稚園の先生を考えている。クラスはE組。
一ノ瀬 ことみ(いちのせ ことみ)
声:能登麻美子
テーマ曲:Étude pour les petites supercordes
誕生日:5月13日。身長:160cm。体重:48kg。血液型:A型。3サイズ:88/58/85。
世界的に有名な物理学者の父母(一ノ瀬鴻太朗・水恵)を持ち、本人も英語の専門書を読みこなす才媛である。ことみの名前は「世界は琴に満ちている(作中における超弦理論の表現)」「K&M(両親の名前のイニシャル)」「誕生日は5月13日」からきている。
全国でもトップレベルの学力を誇るため進学実績を挙げることを条件に授業に出席しないことを黙認されており、必要な授業時間以外は独学で図書室で勉強している。昼食も一般生徒と顔を合わせぬように時間をずらし、本来は飲食禁止の図書室で食べている。
料理が上手で、昼食は自身の手作り。
おっとりとした性格で、語尾に終助詞の「〜の」をつける話し方が特徴。ハサミで図書室や書店の本からページを無断で切り抜くなど、浮世離れした行動が見られる。読書に没頭していると「ことみちゃん」と呼ばれない限り一切反応しない。幼い頃に習っていたヴァイオリンを弾くのが好きだが、他人には不快な騒音にしか聞こえない。また漫才のツッコミや古典的なダジャレも好きでよく披露しているが、あまり受けていない。
折に触れてロバート・F・ヤングの短編小説『たんぽぽ娘』の一節を口にする。クラスはA組。

(ウィキペディアより引用)
posted by クラナド/YouTube@ユーチューブ動画 at 21:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。